山梨県桂川の鵜漁

2012/03/26
天保年間(1830~1843)にはすでに行われていたようです。
上野原駅の前は渓谷だった川筋が一気に開け、川遊びが盛んに行われたそうです。
(大正14年猿橋から下流向かって29羽の鵜が飼われていた)
しかし、昭和15年から相模湖ダムの建設が始まり、19年には天然遡上の鮎が皆無となり、その後毎年放流される代償の100万匹の稚アユでは鵜漁には少なすぎる数であり廃止のやむなきに至ったそうです。  上野原町誌より
P1000512_convert_20120326133831.jpg

P1000514_convert_20120326143759.jpg

右上奥が桂川本流この先は渓谷になっています。手前は鶴川、真ん中、中央線鉄橋で
隠れてよく見えませんが八ッ沢発電所方水路。
P1000499_convert_20120326135243.jpg
comment (0) @ 桂川の鵜漁